Molly Debiak (モリー・デビアック)ジュエリーの原点はアメリカのニューヨーク州で始まった。

ニューヨーク州のジュエリー・スクールでさまざまなジュエリー行程を学んだのが彼女は伝統的な金属製作やダイヤモンド・セッティングをマスターし、そこから自らのインスピレーションを元にオルガニックな感性を用いるデザインメソッドを取り入れた。現在はシアトル市に在住する彼女は西海岸の海沿いからインスピリーションを受けた新たなストーリーを『レリック・コレクション』と呼んでいる。ミニマム感と繊細さ、そして穏やかさが醸し出されたデザインは静かな海辺で聞き取る波の音をイメージにしているそうだ。

すべての金属製作の行程に向けて自らハンドメイドでこだわったジュエリーは一つ一つのピースに個体差があり、身につけるオーナーの為に長持ちする様にと愛・時間をかけて製作に励んでいる。brick & braid ではそんなモリーのジュエリーのゴールド及びシルバーの絶妙的なミキスチャーに魅了されている。

 
 

1) あなたの背景について教えてください。

私は10年前に大学でアウトドア・レクリエーションを専攻していたのですが、正直一度もその専攻に役に立った事はありません!ちょうど4年前くらいにジュエリー・デザインに興味を持って、金属製作やデザインについて勉強し始めたの。そこからはもう虜(笑)

2) なぜモリーはジュエリーを急に作ろうと思ったの?

私は小さい頃からジュエリーを作っていたわけでもないけど、ずっとファンクショナルなアートを作る事が好きだったの。金属細工師になる前に、家中のインテリアの物作りに励んだり、料理をするなど“何か”を作るのがいつも好きだったの。私は自分のアイディアがゴールドやシルバーの形で表現する事に魅力があって金属細工師になったの。

3) あなたがクリエイトした作品を三つの言葉で表してください。

オルガニック、繊細、複雑 (organic, subtle, intricate)

4) モリーのインスピリーションはどこから来るの?

私は常にアウトドアからインスピリーションを受けるの。主に自然体なフォルムや不完全の形やテキスチャーに魅力を感じるわ

5) 製作に入っていない時は何をする事が好き?

常に二歳児の子供を追っかけ回っている事かな(笑)レアな空いている時間がある時は外へランニングしに行くわ。

6) 世界のどこでも住めるとしたらどこに住みたい?

住みたい場所がありすぎて数えられないわ!ニューメキシコ州やカリフォルニアの海岸沿いは好きだから数年は住んでみたいかな。海外ではフランス、ノルウェーやデンマークに住んでみたいと思っているの。だけど老後をゆっくりと住みたいと思う場所は断然にアラスカ州!20代の数年間、アラスカで住んでいたんだけど他のどこより一番故郷として感じる場所だったわ。

7) 日本に来た事はある?来た事があるのなら一番好きだった事は何?

実は私は日本に行った事がないの。。。もちろんいつかは行ってみたいわ!フレッシュな魚介類を食べたり、山脈をトレッキングしたり、もちろん買い物もしたい!日本の伝統的なテキスタイル、ファッションや陶芸アートにも関心があるので実際に手で触れてみたいわ!

 

Molly、本当にありがとうございました!